どくしょかい

ときたま開催している「どくしょかい」についてのブログ

どくしょかい part37

こんにちは、こんばんわ。

ピンクダークの少年です。

 

どくしょかいpart37です。

雨のせいもあり、少し肌寒くなってきましたね。

これくらいの温度が一番過ごしやすいですが

温度差で体調も崩しやすいのでみなさんお気をつけて。

 

ちなみに私は寒い部屋で毛布にくるまりながらアイスを食べるのが好きです。

 

さて、今回のどくしょかいの一言は、

「論文書く時と深夜の2時と」です。

 

”生命の起源”について論文を書くときと

深夜2時くらいに飲みながら”生命の起源”ってなんだろうな

って話をするというのは

一見全く違うように見えて、実は内容って似てるのではないでしょうか。

 

 

そのほか色々なことを話して盛り上がりました。

 

稲盛和夫さんの「生き方」。

人間として正しいことを追求する。

でも追求できるからこそ稲森さんってすごいんですよね。

 

以前もどくしょかいで登場した高野和明さんの「ジェノサイド

本の作者って自分より頭良いキャラって書けないと言われてるんですが

このジェノサイドに出てくる登場人物は頭が良い人が多いそう。

確かに自分の考えつくこと以上のことは登場人物にさせようがないですもんね。

言われて納得。

 

 

そうそう。みなさんファスナーについて、

あ、そう、そのパーカーについてるファスナーのことなんですが。

ファスナーについて7段階中どれくらい知ってますか?

ちなみに私は1くらいかなぁと思ってたんですが笑

世の中、知ってるようで知らないことってたくさんあるんですよね。

そういうことについて書いてあるのが、

スティーブン・スローマンとフィリップ・ファーンバックの

知ってるつもり 無知の科学」。

ソクラテスも言ってますが、知らないことを知ってるって大事なんですよね。

余談ですが、人間の脳って多くて1GBくらいまでしか記憶?保存?

できないらしいですよ。

 

 

たいていの文庫本の巻末についている解説。

それに対する批評という新しいスタイルの本が

斎藤 美奈子さんの「文庫解説ワンダーランド」。

例に出された松本清張さんの線と点の解説は面白かったですね。

とはいえ、解説は絶対読みたくないという意見も。

文庫本に一緒についている解説だからこそ「公式の解釈はこうだ!」と

言われているような気がして嫌なんだそう。

確かにそう言われるとそうですね。

ただ、刺し身のツマのようなものだと思うので、

好きなら食べればいいし飾りだと思うならそのままでもいいと私は思います。

本の楽しみ方って千差万別だなぁと改めて実感しました。

 

 

と、いうことで今回紹介された本はこちら。

 

1.生き方 稲盛和夫

 

2.ジェノサイド 高野和明

 

3.超 筋トレが最強のソリューションである Testosterone著

 

4.知ってるつもり 無知の科学

 スティーブン・スローマン、フィリップ・ファーンバック 著

 

5.文庫解説ワンダーランド 斎藤 美奈子著

 

6.会計天国 竹内 謙礼、青木 寿幸 著

 

7.オリガ・モリソヴナの反語法 米原 万里 著

 

以上です!

f:id:pinkdark_boy:20180915164658j:plain

 

 

 

どくしょかいの参加はMeetupからどうぞ。

www.meetup.com

 

日程に関してはTwitterでも広報してます!

twitter.com

 

インスタもよろしくおねがいします。

 www.instagram.com

どくしょかい part36

こんにちは、こんばんは。

ピンクダークの少年です。

 

台風や地震、被災地の方は無事にお過ごしでしょうか?

日本各地で色々な災害があって

どこにいても不安な日々が続きますね。

 

都内も9月に入ったというのに

まだまだ暑いですが、気温差が激しいので

体調に気をつけなきゃいけないですね。

 

さて、当たり障りのない気象のお話から入りましたが

どくしょかい36回目です。

来月でどくしょかいを始めて1年が経ちます。

早いですね~

ブログは全然更新できてないですが

どくしょかいはまだ続きますよ。

 

さて、今回のどくしょかいの一言は、

「正義の敵は別の正義」でした!

別にこの一言で盛り上がったわけではないのですが

個人的に1番印象に残ったのでこの一言に決定。

この一言が出てきた本は西尾維新さんの「化物語」でした。

 

今回盛り上がったのは、小説の読みづらさの話ですね。

とある方が、読みづらい本としてハゲタカで有名な

真山仁さんの「シンドローム」を挙げられました。

確かに文の好き嫌いや読みづらさ、読みやすさというのはあると思います。

みなさんはどうでしょうか?

 

ただ、はたしてこれは本当に好みの問題なのか?

読書量が多い人少ない人で差は無いのだろうかというところも少し気になります。

 

また、男女差があるのではという話で盛り上がったのは

アルケミストで話題になったパウロ・コエーリョの「11分間」。

男性と女性で読後の感想が変わるのもよくありますよね。

文やセリフの書き方、立場や心情など個人差はもちろん

男女差があってとても奥が深いな~と改めて思いました。

 

また、先週に引き続き垣谷美雨さんの「老後の資金がありません」。

本屋で平積みされてるのを見かけた方がいましたが

みなさんやっぱり、老後が不安なんでしょうか。

 

私が紹介した清水茜さんの「はたらく細胞」を紹介したときにも

お話しましたが、やっぱり普通に勉強すると難しいことを

漫画や小説みたいな感じにしてわかりやすくされた

作品ってすごくいいと思うんですよね。

 

 

そんなこんなで今回紹介された本はこちら。

 

1.ドラッカーへの旅 ジェフリー・A・クレイムズ

 

2.化物語 西尾維新

 

3.11分間 パウロ・コエーリョ

 

4.カメラ・オブスクーラ ナボコフ

 

5.老後の資金がありません 垣谷美雨

 

6.超簡単 お金の運用術 山崎元

 

7.はたらく細胞 清水茜

 

8.シンドローム 真山仁

 

 

 

以上です!

f:id:pinkdark_boy:20180908163348j:plain

 

 

どくしょかいの参加はMeetupからどうぞ。

www.meetup.com

 

日程に関してはTwitterでも広報してます!

twitter.com

 

インスタもよろしくおねがいします。

 www.instagram.com

 

 

 

どくしょかい part35

こんにちは、こんばんわ。

ピンクダークの少年です。

 

なんだかお久しぶりですね。

7~8月は個人的にバタバタしてて

開催回数が少なかったのですが、

9月以降はぼちぼち開催しつつ

普段のカフェでの”どくしょかい”だけでなく、

ちょっとしたスピンオフも混ぜながら開催していく予定です(`・ω・´)

 

 

今回のどくしょかいの一言は「怒(いか)りと怒(おこ)り」でした!

怒(いか)りと怒(おこ)り、字は同じですがちょっと違いますよね。

 

理不尽な事をされた時、自分が損をした時、納得行かない時...など

怒(いか)りが湧いてくると思いますが、

それを人にぶつけて怒(おこ)るのか、

はたまた怒(いか)りを原動力になにか行動を起こすのか。

ちょっと深い話になりました。

 

怒りとは直接つながりませんが、

今のネット情報の真偽についても話題がでました。

情報が多くある今の御時世。

何が本当で、何が嘘なのか。

それをどうやって見極めたら良いのか。

見極めるには何が必要か。

 

情報の取捨選択の難しさを考えさせられました。

 

 

今日は割と淡々と進みましたが、色々な内容を話せた回でした。

新しい方も参加してくださったので、

今後も参加者が増えると良いですね~(*´ω`*)

 

 

さて、今回紹介された本はこちらです。

 

1.オーバーロード1 不死者の王 丸山くがね

 小説投稿サイトから一躍人気になった本。

 異世界に行ってみたい方におすすめ。

 

2.ジブリの哲学 鈴木敏夫

 酔わす、覚ます、の精神。

 鈴木敏夫さんと押井守さんの対談が印象的。

 

3.ジブリの仲間たち 鈴木敏夫

 

4.スピンドクター 窪田 順生著

 情報の取捨選択、真偽、難しい時代ですね。

 

5.怒らないこと アルボムッレ スマナサーラ

 怒らないことのコツは…。

 

6.きまぐれロボット 星新一

 ショートショート。案外子供でも楽しめます。

 むしろ小さい子供から読んで欲しい。

 

7.岸辺露伴 ルーヴルへ行く 荒木飛呂彦

 露伴先生いいいいいいいいいい!!!!

 …っは!取り乱しました…!

 

8.老後の資金がありません 垣谷 美雨著

 介護とか老後のことが気になる方におすすめの一冊。

 小説形式で分かりやすいそう。

 

9.じゃがトマ警察の生理学 津田彷徨、カルロ・ゼン蝉川夏哉

 正しいだけが正義じゃないってことです。

www.melonbooks.co.jp

 

10.世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?  山口 周著

 

 

以上です!

 

f:id:pinkdark_boy:20180901153447j:plain

 

どくしょかいの開催日についてはMeetupまたはTwitterから!

www.meetup.com

twitter.com

 

インスタもよろしくおねがいします。

www.instagram.com

どくしょかい part34

こんにちは、こんばんわ。

ピンクダークの少年です。

 

どくしょかいのブログ書こう書こうと思って

気づいたらどくしょかい前日だった、なんてことが多々・・・

 

どくしょかいの魅力をお伝えするためにも

頑張って更新していきますね(●´ω`●)

 

今回のどくしょかいの一言は

「本物と偽物」

 

あとにのせる写真には写ってないですが

食品サンプルの本の話や白洲正子さんのお話から

本物と偽物についての話に花が咲きました!

 

偽物があるから本物が際立つ、とか

日本人は偽物にも寛容な文化だ、とか

このテーマでいろいろな話が出てきて面白かったです(*´∀`)

 

私達のどくしょかいはテーマを決めてないので

みんなそれぞれ思い思いの本を持ってくるのですが

なにかしら共通点が出てきたりして

それで話が広がっていくので不思議です・・・(ΦωΦ)

 

さて、今回紹介された本はこちら。

 

1.華氏451度 レイ・ブラッドベリ

 

2.はじめましての中国茶 池澤春菜

 

3.縁は異なもの 白洲正子河合隼雄

 

4.食品サンプルの誕生 野瀬泰申著

 

5.職業としての小説家 村上春樹

 

6.仕事は楽しいかね?2 デイル・ドーテン 著

 

f:id:pinkdark_boy:20180805231004j:plain

 

来週はどくしょかいお休みです!

お盆終わりにまた再開!

 

Twitterフォローしてくれると嬉しいです~

twitter.com

 

インスタもぼちぼち更新中

www.instagram.com

どくしょかい part32

こんにちは、こんばんは。

ピンクダークの少年です。

 

お久しぶりです。

またブログの更新をサボってしまいました(T_T)

でも見てくださる方がいることを考えて

ちゃんと書いていこうかなと思いました!

 

頑張るのでみなさんコメントやらRTやらしてもらえると嬉しいです(´・ω・`)

 

今回のどくしょかいは4人と少人数でした。

4人中2人が前回の哲学の本の流れでまたもや

入りやすい哲学の本を持ってきてくれました!

 

哲学って難しい感じがしますよね。

かくいう私も数年前までは哲学のての字も知らないような子でした。

最近読書家のみなさんに影響されて選り好みせずに

いろんな本を読んでみようと入りやすそうな哲学の本からチャレンジしました。

 

大元の本はやはり自分で噛み砕いて解釈していかなければなりませんが

わかりやすくまとまった本も多くあるので

自分に合う本を見つけて読んでみるのもいいかもしれませんね。

 

ちなみにフランスでは3歳くらいから哲学の授業を受けるそうです。

日本だと大学まで学ばないですよね。

生きていく上で必要かと言われれば必須の学問ではないですが

物事を考える上で知っておくとより考えの幅が広がる気がします。

 

日本を悪く言うわけではないですが

良くも悪くも日本人は察しての社会なので

あまりはっきり物事を言わないし右に習えの精神なんですよね。

 

イノベーションを起こしていくなら

もっと突っ込んだ考え方をして発言できるような

日本になっていければいいなと思います。

 

 

っとまあ難しい感じの話になりましたが

どくしょかい自体はこんな堅苦しい感じじゃないですよ(゜-゜)!

わりとゆるゆるとお話してます。

今回は4人だったので特にゆるかったですね~

 

ということで今回紹介された本はこちら。

 

1.<反>哲学教科書 ミシェル・オンプレ著

 

2.お厚いのがお好き? 小山 薫堂著

 

3.トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」 俣野 成敏著

 

4.粗にして野だが卑ではない―石田礼助の生涯 城山 三郎著

 

f:id:pinkdark_boy:20180715003301j:plain

 

赤と黒だなぁ。

 

今日はどくしょかいの後に近所のペンギカフェに行ってきました(๑・Θ・๑)

f:id:pinkdark_boy:20180715003540j:plain

f:id:pinkdark_boy:20180715004201j:plain

 

かわいい。

カフェと読書の相性って良いですよね!

 

来週はどくしょかいお休みです。

その後の日程はTwitterをご確認ください(●´ω`●)

twitter.com

 

インスタもよろしくお願いいたします。

www.instagram.com

どくしょかい part29

こんにちは、こんばんわ。

ピンクダークの少年です。

 

すっかりブログ書くのが遅くなってしまいました…

もう次の”どくしょかい”まであと少しですね!!

最近少し参加される人少ないので

常連さんばっかだと行きづらい><って思われてる方は今がチャンス★

 

まあ普通のときに来ていただいても

みなさん暖かく出迎えてくれます(●´ω`●)

 

今回の”どくしょかい”の一言は

「安心と信頼の間」でした!

 

安心って言葉も、信頼って言葉も難しいな~と私は思いました。

いや、言葉って全部難しいですね。

何気なく使ってる言葉ですが

使う場所・場面や受け取る人によっても意味が変わってきますよね。

だから定義するのってとてもむずかしい。

ちょっと哲学っぽい。

 

この話題が出た本を紹介してくれたのは大学生でした。

昨今本を読む若者が少ないと言われている中

この”どくしょかい”には下は小学生から上は…年齢不詳まで

参加する人がいますので、割と幅広い年代の人の意見が聞けて

面白いですね(*^^*)

 

 

さて、今回紹介された本はこちら。

 

1.ほぼ命がけサメ図鑑 沼口 麻子著

そうです。前回サメ語った人の1人が持ってきてくれました。

 

2.USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 森岡 毅著

USJをV字回復させたことで有名な森岡さん。

なんか最近書店で森岡さんの本みかける…

 

3.リプレイ ケン・グリムウッド著

紹介してくれた子曰く、翻訳は別の人が良いと…

 

4.明日死ぬかもしれないから今お伝えします サトウヒロシ著

死に直面すると意外と未練はいっぱい

 

 

5.日本の安心はなぜ消えたのか 山岸 俊男著

安心ってなんでしょうね

 

f:id:pinkdark_boy:20180621232115j:plain

 

以上です!

今回はペンギンじゃなくてうさぎ!

 

次回の”どくしょかい”の予定はTwitterの固定ツイからどうぞ~

twitter.com

 

インスタもやってみてます

www.instagram.com

どくしょかい part28

こんにちは、こんばんわ。

ピンクダークの少年です。

 

先週1週間咳が止まらず死んでおりました…(;´Д`)

風邪自体流行っているみたいですので、

みなさんもお気をつけくださいね。

 

今回のどくしょかいは、人数が9人。

いつもは割とダラダラと進むのですが

今日は誰が決めたわけでもなくキリッとスイスイ進みました。

 

今回のひとことは、、、

「しんどい」

です!!

 

最近ネットでよく見かける単語

「しんどい」「尊い」「◯◯み」

 

「◯◯み」は置いておいても、「しんどい」とか「尊い」は

簡単には言葉で表せられない気持ち・感情がこもってる感じがします。

 

語彙力がないと言われればそれまでですが、

どうしても言葉にできない気持ちや

言葉にしてしまうと「そうじゃないんだよな~」ってなる気持ちって

きっとあると思うんですよね。

そうそう自分の感情を的確な言葉で表現できる人っていない気がします。

 

受け取り側もその「しんどい」とか「尊い」から

こういう気持ちなのかな?って想像して楽しむのもまた一興。

伝えたかったことと多少違ってもそれはそれで面白いですよね。

伝わらないとモヤモヤする部分もありますが。笑

 

”どくしょかい”はそういった

この人はこういう感想だったって聞くだけじゃなく

想像して楽しむことも出来るんだなって改めて気付かされた会でした。

 

 

さて、今回の本を紹介します!

 

1.ガラスの中の大自然 天野尚著

 水草も魚も美しい!

 

2.世界経済全史 宮崎正勝著

 電車の中でドヤれそうなタイトル

 

3.ビジネスマンへの歌舞伎案内 成毛 眞著

 今度”どくしょかい”スピンオフ歌舞伎でもやろうかな…

 

4.ブレーン2018年7月号 

 お父さんの背中が無駄にツルツルしている

 

5.ジェノサイド 高野和明

 町田と錦糸町、高校生の頃に読みたい一冊

 

6.SHOE DOG フィル・ナイト著

 最後まで走り抜ける!本当にそんな感じの本。定番人気です。

 

7.すべての教育は「洗脳」である 堀江貴文

 学校は必要なのか?好きなことして生きていこう

 

8.宝くじで1億円当たった人の末路 鈴木信行著

 末路シリーズ。1億あたったからって幸せなわけじゃないのよ。

 

9.走れメロス 太宰治

 走れメロスではなく、懶惰の歌留多の「とてもこの世はみな、地獄。」を!

 

 

以上です!!

 

 

f:id:pinkdark_boy:20180609214647j:plain

 

 

最新の”どくしょかい”開催日程はTwitterを参考にしてください!

twitter.com

 

インスタも始めました(インスタ映えは気にしません)

www.instagram.com