どくしょかい

ときたま開催している「どくしょかい」についてのブログ

どくしょかい part6

こんにちは、こんばんは。

ピンクダークの少年です。

 

どくしょかい、第6回目のブログです!

そろそろ書くのに慣れたいところですが…

 

今回もリピーター参加です!

毎回リピートしてくださる皆様には本当に頭があがりませんね(`;ω;´)

 

それでは、どくしょかいの詳細へ!

 

【自己紹介】

1.ペンペン

 今ハマっていること:韓国のり

 気がついたら手が伸びて食べてるらしいです。

 

2.アメリカかぶ

 今ハマっていること:ヨーグルト

 オススメは小岩井ヨーグルトです。

 

3.Tさん

 今ハマっていること:ゲーム実況

 Tさんにも是非実況してほしいですねぇ。

 

4.ピンクダークの少年

 今ハマっていること:ポケ森

 全然レベルがあがりませんorz

 

 

◆本の紹介◆

 今回のテーマ:マイブームになった本

 

<1番目> ペンペン

 『世界最強の商人』 オグ・マンディーノ

 

ーあらすじー

二千年前、イエス・キリストが活躍した時代に、

アラブの貧しい少年ハフィドが、史上最強の大商人になった成功の秘訣が語られる。
その秘訣とは古代から伝わる秘密の巻物に記され、

この巻物を手に入れ、その教えを実践した者は誰でも地上最強の商人になれるという。

 

=====

小説スタイルではあるが自己啓発本とのこと。

ペンペンさん曰く、ニーチェを思わせる文がチラチラとあるらしい。

”どくしょかい”を主催してる私も実は読書量は人より少ないので

ニーチェぽい部分がいまいち分からなかったのが本音でしたが

数ページ見た感じ自己啓発本というだけあって、

不思議とポジティブな気持ちになれるような文章でした。

 

自己啓発本って、意外と読んでると疲れてくる部分があるので

(私だけですかね??)

小説スタイルだととても読みやすそうな印象でした!

=====

 

 

 

<2番目> ピンクダークの少年

『秘密 THE TOP SECRET』 清水玲子

 

ーあらすじー

主人公は、薪 剛という壮絶な美貌を持つ警視正

そんな彼が所属しているのは、MRI捜査を担当している「第九」

犯罪にかかわった死者の脳をMRIにかけ、

その人の頭の中を映像化して捜査するという方法です。

この捜査は画期的で、未解決になりそうな特殊事件を解決に導きます。

しかし、この捜査は被害者の脳を見ることから、

精神的に追い詰められる可能性もある、諸刃の剣なのです。

そんな「第九」に、青木一行という新人が配属されるところから物語は始まります。

 

=====

死者の脳を見るMRI捜査。

最近の技術の進化を見ていると、ぶっちゃけありえなくない話ですよね。

 

この漫画の凄いところは、絵が綺麗で読みやすいのはもちろんの事

伏線回収が素晴らしいところに尽きます。

全12巻と短めで、思わず一気読みしちゃいます。

 

タイトルの”秘密”は自分が墓場まで持っていこうとしている

秘密の事かと思いますが、みなさんはそんな秘密お持ちですか?

ちなみに私は特に無いんですが…。

でも誰にだって人に言いたくないこととかってありますよね。

MRI捜査ではそんなところも筒抜けになってしまう、

でもそこにだって考慮しストーリーが進んでいくので

尚のこと読み応えがある作品でした。

=====

 

 

<3番目> アメリカかぶれさん

『THE GOAL』 エリヤフ・ゴールドラット

 

ーあらすじー

機械メーカーの工場長である主人公のアレックス・ロゴを

中心に繰り広げられる工場の業務改善プロセスを主題にした小説。

長引く経営の悪化、工場閉鎖までたった3か月の猶予期間。

工場を救うために業務改善に挑む登場人物の苦悩や

目標達成の興奮が伝わってくる、ビジネスの醍醐味を感じさせるストーリーである。

 

=====

あらすじだけ聞いても純粋に面白そうだな、と思いました。

特に私が今、工場で働いている人と少し関わる様な仕事をしているので

尚の事情景が想像できる部分があり、とても興味がわきました!

 

少し内容も聞きましたが、一般の人が思いつくような方法とは

真逆の方法で問題を解決していくのが目からウロコでした(・o・)

=====

 

 

 

<4番目> Tさん

『続・妖怪辞典』 水木 しげる

 

ーあらすじー

ゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげるさんの妖怪辞典。

続と付いているのでもちろん2冊めの妖怪辞典です。

 

=====

今まで小説とかを持ってきてくれてたTさんからまさかの妖怪辞典。

TさんらしいっちゃTさんらしくて、ほっこりしました(ヽ´ω`)

 

Tさんとも話した通り、水木しげるさんの絵ってすごく繊細な絵の中に

どこか鬼太郎のようにポップな感じの、

悪く言えば手を抜いた感じの絵があるのが特徴的。

でも妖怪辞典なのにそこまで怖さを感じないのは、

やっぱりそこがポイントなのかもしれないですね。

 

妖怪辞典は初めて見ましたが、画集とか写真集なんかも

たまに見てみると楽しいですよ♪

 

 

 

 

 

私のブログ書くスピードが遅くて、どくしょかいpart7は

本日(11/25)に開催したので、次回はどくしょかいpart8です!

 

part8は朝活を予定しています・ω・

詳しくはMEETUPからどうぞ!

www.meetup.com