どくしょかい

ときたま開催している「どくしょかい」についてのブログ

どくしょかい part9 その2

 

こんにちは、こんばんは。

ピンクダークの少年です。

 

どくしょかいpart9。

お陰様で9名の方に参加頂いたおかげで

ブログが超長くなってしまったので、2つに分けちゃいました。

その1が気になる方はこちらから・ω・

 

それでは早速続きから。

 

<ペンペンさん>

 『11/22/63』 スティーブン・キング

 

 

ーあらすじー

ケネディ暗殺を阻止するため、僕は過去への旅に出る。

平凡な国語教師ジェイクは死期の迫った友人アルから

「1958年にタイムトラベルできる扉」の存在を知らされる。

その扉は常に1958年に通じており、「過去」でどんなに長く過ごそうとも、

「現在」に戻ればわずか数分しか経過していないという性質をもっていた。

アルはジェイクに果たせなかった夢を託す――ケネディ大統領暗殺の阻止。

アルは何度も過去へ旅をし、暗殺阻止を試みてきた。

しかし「歴史」は容易な改変を拒み、企ては失敗を繰り返してきた。

ジェイクは友人の悲願を引き継ぐことを約束した。
ジェイクは「過去」へと旅をして、そこで暮らしながら歴史との戦いを開始した。

しかし歴史改変は困難をきわめた。

ある悲劇を阻止すれば別の悲劇が発生し、ジェイクは苦悩する。

何度も旅を繰り返し、ジェイクは徐々に暗殺の核心へとにじり寄ってゆく――

 

======

非常にタイムリーな作品ですね!

先月の11月22日はケネディが暗殺された日ですが

まさにそれがモチーフの作品。

先述しましたが、タイムスリップする系のお話は非常に好きなので

これも私の読みたい欲が非常に唆られました。

 

特にペンペンさんは毎回話すのが上手なので

余計読みたくなるんですよね(笑)

 

上中下巻あるようですが、時間を生物としての表現がすごいよかったそうです。

中巻は恋愛にうつつを抜かし主人公がいつつも

下巻で最後のほうのしんみりして良いように収束するみたいなので

 中巻で諦めず最後まで読んでみてくださいね!

 

=====

 

<Jさん>

  『The Fate of Africa』 Martin Meredith著

 

ーあらすじー

記者の人がアフリカのいろんな国に行き取材した本。

コンゴ民主共和国の独裁やジンバブエのことなど

アフリカの60年代のことがわかる一冊。

 

=====

実は日本語版が出ていないこの本。

60年代からのアフリカ各国にフォーカスし、

独立~その後を取材した有名な著者の著書らしいです。

ズバリ本書の読むたびに感想がかわってくるところ。

 

政治、世界情勢などまだまだ知らないことが多いですが、

知っている数少ない情報だけでその国を知った気になっていること。

多々あるなと改めて思いました。

 

ちなみに、アフリカを題材にした本はあまり馴染みがないように感じますが、

実は日本は世界でもかなり研究している人が多いそう。

まだまだ知らない世界、そして日本の側面を知ることができ勉強になりました。

 

こうやって幅広いジャンルを知れることがどくしょかいの醍醐味ですね★

=====

 

 

<Yさん>

 『中学生からの作文技術』 本多勝一

 

ー内容ー

美しい文章を書くには才能が必要だが、

わかりやすい文章を書くには「技術」が必要だ。

長年、新聞記者として蓄積してきた作文の「技術」を披露した

ロングセラー『日本語の作文技術』『実戦・日本語の作文技術』から、

語順、句読点の打ち方、助詞の使い方など、

最低限習得すればいい部分を抽出したビギナー版。

本書を習得すれば、中学生から大人まで、

わかりやすく誤解されない文章が書けるようになる。

 

=====

これは、読みたいというより今の私に必要な本だなって思いました!

みなさんに”どくしょかい”の楽しさとか

紹介してもらった本の良さとかをブログでお伝えするには

まさに「わかりやすく誤解されない文章」が必要ですねく(`・ω・´)

 

Yさんも言ってましたが、世の中は意外と

分かり辛い文章で溢れていて

よく読んでみると実際の意味が違ったりする事がたまにあります。

 

学生でもレポート書いたり、社会人でも資料やメールを作成したりする時は

必然的に人に何かを伝える文章が必要ですから、

この本はどんな方でも読んで損は無いのではと思います。

 

私も読んでもっと良い感じにブログ書けるようにがんばりますね★

=====

 

<まんださん>

 『アクアリストの楽園』 荒俣宏著 

 

ーあらすじー

全ての生き物は海から誕生した。

そして20世紀末の今、全世界で動物園に代わって

水族館が大きな人気を勝ち得ている。

都会の中で出会う自然、あなたの想像力の中で甦る海。

海と水族館を愛する人に贈る海洋生物の神秘。

 

=====

この本は、今までアニメと漫画しか見ていなかったまんださんが

活字を読むようになったきっかけになった本なんだそう。

 

確かに、本を読むのって意外と時間も体力も使うので

なにかきっかけがないと読み出さないのはとても分かります。

 

そういうきっかけとなる本と出会えたことって

素敵だなと思います(●´ω`●)

 

みなさんは何がきっかけで本を読み出しましたか??

ちなみに私は知り合いに本を買っていってあげたのが

きっかけで最近本を中学生ぶりに読み始めました(`・ω・´)笑

 

人にきっかけを与えてみんなで読書出来たら良いですね!

=====

 

 

さてさて、長くなりましたが今回はこのへんで。

次回の”どくしょかい”は12/9(土)の10:30からの予定です!

参加希望はMEETUPまたはTwitterからどうぞ★

www.meetup.com

twitter.com