どくしょかい

ときたま開催している「どくしょかい」についてのブログ

どくしょかい part32

こんにちは、こんばんは。

ピンクダークの少年です。

 

お久しぶりです。

またブログの更新をサボってしまいました(T_T)

でも見てくださる方がいることを考えて

ちゃんと書いていこうかなと思いました!

 

頑張るのでみなさんコメントやらRTやらしてもらえると嬉しいです(´・ω・`)

 

今回のどくしょかいは4人と少人数でした。

4人中2人が前回の哲学の本の流れでまたもや

入りやすい哲学の本を持ってきてくれました!

 

哲学って難しい感じがしますよね。

かくいう私も数年前までは哲学のての字も知らないような子でした。

最近読書家のみなさんに影響されて選り好みせずに

いろんな本を読んでみようと入りやすそうな哲学の本からチャレンジしました。

 

大元の本はやはり自分で噛み砕いて解釈していかなければなりませんが

わかりやすくまとまった本も多くあるので

自分に合う本を見つけて読んでみるのもいいかもしれませんね。

 

ちなみにフランスでは3歳くらいから哲学の授業を受けるそうです。

日本だと大学まで学ばないですよね。

生きていく上で必要かと言われれば必須の学問ではないですが

物事を考える上で知っておくとより考えの幅が広がる気がします。

 

日本を悪く言うわけではないですが

良くも悪くも日本人は察しての社会なので

あまりはっきり物事を言わないし右に習えの精神なんですよね。

 

イノベーションを起こしていくなら

もっと突っ込んだ考え方をして発言できるような

日本になっていければいいなと思います。

 

 

っとまあ難しい感じの話になりましたが

どくしょかい自体はこんな堅苦しい感じじゃないですよ(゜-゜)!

わりとゆるゆるとお話してます。

今回は4人だったので特にゆるかったですね~

 

ということで今回紹介された本はこちら。

 

1.<反>哲学教科書 ミシェル・オンプレ著

 

2.お厚いのがお好き? 小山 薫堂著

 

3.トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」 俣野 成敏著

 

4.粗にして野だが卑ではない―石田礼助の生涯 城山 三郎著

 

f:id:pinkdark_boy:20180715003301j:plain

 

赤と黒だなぁ。

 

今日はどくしょかいの後に近所のペンギカフェに行ってきました(๑・Θ・๑)

f:id:pinkdark_boy:20180715003540j:plain

f:id:pinkdark_boy:20180715004201j:plain

 

かわいい。

カフェと読書の相性って良いですよね!

 

来週はどくしょかいお休みです。

その後の日程はTwitterをご確認ください(●´ω`●)

twitter.com

 

インスタもよろしくお願いいたします。

www.instagram.com