どくしょかい

ときたま開催している「どくしょかい」についてのブログ

どくしょかい part35

こんにちは、こんばんわ。

ピンクダークの少年です。

 

なんだかお久しぶりですね。

7~8月は個人的にバタバタしてて

開催回数が少なかったのですが、

9月以降はぼちぼち開催しつつ

普段のカフェでの”どくしょかい”だけでなく、

ちょっとしたスピンオフも混ぜながら開催していく予定です(`・ω・´)

 

 

今回のどくしょかいの一言は「怒(いか)りと怒(おこ)り」でした!

怒(いか)りと怒(おこ)り、字は同じですがちょっと違いますよね。

 

理不尽な事をされた時、自分が損をした時、納得行かない時...など

怒(いか)りが湧いてくると思いますが、

それを人にぶつけて怒(おこ)るのか、

はたまた怒(いか)りを原動力になにか行動を起こすのか。

ちょっと深い話になりました。

 

怒りとは直接つながりませんが、

今のネット情報の真偽についても話題がでました。

情報が多くある今の御時世。

何が本当で、何が嘘なのか。

それをどうやって見極めたら良いのか。

見極めるには何が必要か。

 

情報の取捨選択の難しさを考えさせられました。

 

 

今日は割と淡々と進みましたが、色々な内容を話せた回でした。

新しい方も参加してくださったので、

今後も参加者が増えると良いですね~(*´ω`*)

 

 

さて、今回紹介された本はこちらです。

 

1.オーバーロード1 不死者の王 丸山くがね

 小説投稿サイトから一躍人気になった本。

 異世界に行ってみたい方におすすめ。

 

2.ジブリの哲学 鈴木敏夫

 酔わす、覚ます、の精神。

 鈴木敏夫さんと押井守さんの対談が印象的。

 

3.ジブリの仲間たち 鈴木敏夫

 

4.スピンドクター 窪田 順生著

 情報の取捨選択、真偽、難しい時代ですね。

 

5.怒らないこと アルボムッレ スマナサーラ

 怒らないことのコツは…。

 

6.きまぐれロボット 星新一

 ショートショート。案外子供でも楽しめます。

 むしろ小さい子供から読んで欲しい。

 

7.岸辺露伴 ルーヴルへ行く 荒木飛呂彦

 露伴先生いいいいいいいいいい!!!!

 …っは!取り乱しました…!

 

8.老後の資金がありません 垣谷 美雨著

 介護とか老後のことが気になる方におすすめの一冊。

 小説形式で分かりやすいそう。

 

9.じゃがトマ警察の生理学 津田彷徨、カルロ・ゼン蝉川夏哉

 正しいだけが正義じゃないってことです。

www.melonbooks.co.jp

 

10.世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?  山口 周著

 

 

以上です!

 

f:id:pinkdark_boy:20180901153447j:plain

 

どくしょかいの開催日についてはMeetupまたはTwitterから!

www.meetup.com

twitter.com

 

インスタもよろしくおねがいします。

www.instagram.com